選手評価

数値化されたベルテール独自の選手評価

「攻撃」・「守備」・「戦術」・「テクニック」「フィジカル」・「メンタル」の5つの項目に関わる評価基準を定め、

ベルテール独自の選手評価を行っています。

サッカーというスポーツは、単純に選手の能力を数値で表現することはできません。ですが、あえて数値による評価をしているのには、理由があります。数値化する事で、個々の現状把握が明確になり、選手が具体的な目標を設定できるようになり、練習に対する取り組みの質の向上を図ることができるからです。また、1ヵ月ごとに全選手の評価を更新、各選手にフィードバックを行います。

 

評価項目

攻撃:ドリブル、キック&コントロール・オフザボールに関わる項目で評価。15項目(150点満点)

守備:オンの守備、オフの守備に関わる項目で評価。15項目(150点満点)

戦術:個人、グループ、チーム戦術に関わる項目で評価。5項目(50点満点)

テクニック:あらゆるボールタッチに関わる項目で評価。5項目(50点満点)

フィジカル:走力、パワー、バランスに関わる項目で評価。5項目(50点満点)

メンタル:試合に対する気持ち、練習への取り組みに関わる項目で評価。5項目(50点満点)

GK:GKに関する攻撃、守備に関わる項目で評価。15項目(150点満点)

※1項目10点満点で全項目で500点満点。

 

 

 

選手評価管理表

※プライバシー保護のため、選手名は編集してあります。

目標管理

目標設定シート

選手は「目標設定シート」を使い、目標設定を行います。自分自身で目標を決め、目標を達成するために自分は何をするべきかを考え、自らの言葉で書き込みます。

長期目標(ビジョン)を決め、そこから逆算して中期目標、短期目標を決めます。抽象的な目標ではなく、具体的で現実可能な目標を立てる事が重要です。短期目標は身近な目標で達成可能なものにすることが大切です。身近な目標は選手のモチベーションを上げ、常に向上心を持ち続ける事に繋がります。

 

具体的な目標設定

選手は数値化された自分の評価をもとに現状を明確に把握します。そして、具体的な目標設定を行います。例えばドリブルの項目でも、「仕掛けのドリブル」は4点で「運びのドリブル」は8点となっていた場合、その選手は「仕掛けのドリブル」を上達させたいと思い、「仕掛けのドリブル」を意識的に取り組むようになります。単純に「ドリブルが上手くなりたい」だけでなく、どのようなドリブルなのかまで明確にすることが重要です。


上達確認ミーティング

目標に対する取り組みの振り返り

ベルテールでは、個人の成長の確認として、月に一度、「上達確認ミーティング」を行っています。

毎月選手は 「攻撃」・「守備」・「戦術」・「テクニック」・「フィジカル」・「メンタル」の項目の他に「達成率」が示された自分の評価を確認することができます。「先月比」は上記5項目の評価の合計が、一ヶ月でどれだけ伸びたかを示す数値。 

自分の評価、達成率を確認することで、先月の自分の取り組みを振り返り、次に繋げることに役立てます。取り組みに対して、「なぜ出来なかったのか?」、「何が良かったのか?」など選手自ら常に考える習慣を付けさせます。目標に向かって努力しているのか、その道筋は正しいのかを選手に常に考えさせ行動していけば、どんな目標にも近づけます。

 

自己分析

「上達確認ミーティング」では、個人の評価に加え、学年平均、各項目ランキング(学年ごと上位3位まで)を発表しています。チーム内での競争を図ると共に、自分がチーム内のどの位置にいるのかの確認します。

目標を設定するために大切になってくるのは、本人が自分自身の立ち位置を理解する事です。立ち位置が定まらないと、次の目標を描くことが出来ません。

 

 

 

上達確認表

選手のフィードバックの際にも、個人に自分の数値のみ配布。

※プライバシー保護のため、選手名は編集しています。